白鵬
出典:時事通信

 

2016年3月の大相撲春場所は横綱白鵬の優勝で幕を閉じました。

今場所は8日目の嘉風(よしかぜ)戦で、勝負が決まった後のダメ押しで土俵下にいた井筒審判長(元関脇逆鉾)が負傷し、救急車で病院に運ばれ、左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折という大怪我をするアクシデントもありました。

最近の白鵬は横綱らしからぬ相撲や言動で品格を問う声も多く聞かれます。

千秋楽でもそれが出てしまいました。日馬富士を相手に変化して、勝負は一瞬で決まりました。見てない方は動画をご覧下さい。

 

 

当然、館内のお客さんからは大ブーイングで、優勝インタビューでは「申し訳ございません」と涙ぐむ場面も見られました。

昔の白鵬は好きだったのに最近は好きになれないという人も多いと思います。長いこと横綱を張る重圧もあるでしょうし、モンゴル出身ということもあって人一倍苦労してきたことでしょう。

実績としては十分すぎるほど結果を残していますので、引退するまでは横綱らしい振る舞いで頑張ってほしいと思います。

元横綱朝青龍が舞の海を挑発?

朝青龍
出典:matome.naver.jp

 

そんな中、千秋楽を見ていた朝青龍が自身のツイッターに投稿を連発していました。

舞の海さんの発言に対してツイートしたんでしょうが、何を言っているのか意味不明です。

優勝インタビュー中に、白鵬が変化したことを詫びて涙ぐんだことに対してのツイートですね。これは叱咤激励の意味で理解はできます。

館内のお客さんから白鵬に厳しい声やヤジが飛んでいたんでしょう。それに対する怒りのツイートですね。

この朝青龍のツイートに対してエッセイストの能町みね子さんが反応しています。

このツイートは「デイリースポーツ 」が記事で引用しているのですが、これに対して、

デイリースポーツは「ツイッターで反応していた」としか書いていませんので、記事を読んだ人で「怒った」と捉えた人が多かったんでしょうかね。

能町みね子さん、すみません。面白かったので使わせていただきました。