橋下徹・小池百合子

 

小池百合子東京都知事が主催する政治塾「希望の塾」に、現在は日本維新の会の顧問である橋下徹さんに講演を依頼したところ、断られていることが分かりました。

何やら橋下さんと小池さんは不仲なのではと言う人もいますが、真相はどうなのでしょうか。

理由としては

「講師を引き受ける条件や交渉過程に関して不正確な記事が雑誌に掲載される可能性があり、本人が煩わしく思った」

引用元:日刊スポーツ

と周囲の人が話しているということです。

雑誌というのは文春などの週刊誌のことでしょうか。また、講演料、つまりお金のことで希望額に達しなかったとも噂されています。

 

小池百合子東京都知事の政治塾「希望の塾」に関する別の記事

仮面女子・桜雪の本名は?希望の塾に合格した東大出身アイドル

 

スポンサーリンク

橋下徹のツイート

小池百合子都知事の政治塾での講演を断ったとされる件について橋下徹さんがツイートしています。

雑誌とは週間文春のことでしたね。橋下徹さん側のマネジメント会社が週間文春から取材を受けたようです。

「小池塾としては橋下さんが無料で講演してくれると思っていたのに有料なので驚いた」
「橋下さんがせっかく東京に行くのだから2回は講演させてほしいと言われた」

ということのようです。要するに2回分の講演料を請求されたということなのでしょうか。

小池塾側には維新や他の議員がそれぞれの立場で勝手に言っているので、橋下さんのマネジメント会社が困っているということのようですね。

小池塾側の窓口には維新の議員もおり、

「俺に任せろ」

的なことを言っている人がいるようです。

小池塾は受講料を取っているし、値引きする理由はない、他の主催者との公平性の問題あるということですね。

それに誰よりも有益な講義をする自身があるというところも橋下さんらしいです。

実際に講義の準備にとりかかったようですが、文春報道では橋下さん側が無理やり講義をねじ込んできたという内容になりそうだということのようです。

不正確な記事が雑誌に掲載されそうというのは、このことだったんですね。

小池塾サイドというか間に入っている維新の議員にも嘆いています。確かに自分の知らないとこで起こったことを捻じ曲げられて文春に報道されたら迷惑ですよね。

 

スポンサーリンク

橋下徹と小池百合子は不仲なのか

まとめると、橋下徹さんと小池百合子さんが不仲ではなく(実際は分かりませんが)、小池塾サイドの窓口に問題があると橋下さんは言っています。

そこには維新の議員も絡んでおり、民間ではスムーズに進むことでも議員が間に入るとややこしくなると嘆いています。

さらに講演料をめぐってトラブルが起きていることを文春が嗅ぎ付け、しかも無理やり講演しようとしていると記事に書かれそうだから距離を置くということのようですね。

橋下さんのツイートだけから判断するとこのようになりますが、小池塾からの反応はあるのでしょうか。

小池塾側は諦めずに依頼するようですが、結局どうなるのか注目ですね。