真田丸
真田信繁(幸村)を演じる主役の堺雅人

子供や学生のころは大の歴史嫌いでした。
理系だった私は受験で世界史や日本史を取らずに済みましたので、
ずっと歴史に疎いままでした。

それでも年を重ねると自分の生きてきた、見てきた中に
歴史に残る出来事がたくさんあるんですよね。

そういうことを考え始めると「歴史も知っとかなくちゃいかんな」と
思うようになり、2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が
地元福岡にもゆかりがあるということで、
これがいい機会だと思い、勉強しながら見ていました。

面白かったですね。
本当に知らないことばかりなので新鮮で興味深く、
調べるのも楽しくなっていました。
歴史ファンがどう思ってたかは分かりませんが。

去年の「花燃ゆ」も勉強しながら見ていましたが、
評判通りいまいちでしたね。

さて今年の「真田丸」は滅茶苦茶面白い。
三谷幸喜が手がける作品は見たことないのですが、
これは三谷節なんですかね。
引き付けられながら見てますよ。
特に草刈正雄が素晴らしい。

堺雅人が主人公らしくなるのは今後でしょう。
長澤まさみがちょっと浮いてるような気もしますが、
そういう役柄なので仕方ないのですかね。

大泉洋や黒木華(くろきはるって読むんですね。最近知りました)も
いい味出してますね。
役者と演出がうまく噛み合ってるような気がします。
ド素人のくせに偉そうですいません・・・

評判もいいようですので、このまま最後まで突っ走って欲しいですね。
毎回楽しみです。