矢口真里
出展:www.j-cast.com

 

日清食品は2016年4月7日、3月30日から放送されていたビートたけしさん、矢口真里さん、新垣隆さんらが出演するカップヌードル新CMの放送を中止すると発表しました。

 

中止になったのは「OBAKA’s UNIVERSITY」でビートたけしさんが初代学長を務める大学が舞台になっており、

 

「バカになる、それは自分をさらけ出すことだ」

 

という北野武さんのセリフのあと、矢口真里さん、新垣隆さん、小林幸子さん、ムツゴロウさんなど、世間を賑わした人たちが教授として登壇するコマーシャルです。

 

矢口さんを心理学部の准教授で「危機管理の権威」としてとして登場させ、不倫という言葉は使いませんが、それと分かるイジられ方をされます。

 

矢口さんへの批判が多く、特に矢口さんは不倫問題ピストン矢口などと揶揄され、いまだ世間から嫌われています。

 

復帰はしたもののテレビで見かけることは少なく、「オファーを受けた際に1人で泣いた」と喜びをブログに書いていたそうですが、また落ち込むことになりますね。

 

スポンサーリンク

攻めすぎた日清食品が攻められ

 

日清食品はクレームの件数は明かしていませんが、相当数の抗議があったとしています。

 

批判は想定していたそうですが、それを上回る想定外のクレームがあったんでしょう。

 

賞賛する声もあるようですが、社内で検討し、中止を決めたそうです。

 

サイトには

 

「ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」

 

と掲載し、YouTubeの公式動画も非公開になりました。

 

最近はテレビ番組でも世間の声を気にしすぎるため、面白い番組が作れないといった話も聞きますし、スポンサーに配慮しすぎているとも言われています。

 

あらゆる制約を受けながら、敢えて攻めるCMを作成したんでしょうが、裏目に出てしまいましたね。

 

このコマーシャルは第一弾ということですので、続編があるはずですよね。どうなるんでしょうか。

 

問題の動画を公開

 

日清食品が公式にはCM動画を削除していますが、ネット上には出回っていますのでご覧下さい。短編、長編セットになっています。

 

 

スポンサーリンク

世間の反応は

 

世間では問題のカップヌードルCMがどう思われているのか拾ってみました。

 

批判のツイート

 

 

擁護するツイート

 

 

その他ツイート