田児賢一
出展:スポーツ報知

 

バドミントン界だけでなく、スポーツ界全体にも衝撃が走った裏カジノ問題。その張本人となった田児賢一が早くも現役復帰に意欲を見せています。

 

以前の関連記事

⇒ 桃田賢斗の東京五輪は?違法カジノでバカラ賭博の田児賢一はギャンブル依存症

⇒ 桃田賢斗・田児賢一の闇カジノでバドミントン界衝撃!アスリートは違法賭博好き?

 

現在、日本バドミントン協会から無期限の登録抹消処分を受けており、事実上選手生命は絶たれたと思われましたが、本人は現役に強いこだわりがあるようで、海外へ移籍してプレーすることを望んでいるようです。

スポンサーリンク

田児賢一の移籍先はあるのか

海外であれば日本の処分は関係ないわけで、バドミントンが盛んな国

 

出展:malaysiajp.com

 

マレーシア

 

に渡って移籍先を探すとのことです。

「いろいろな意見はあると思うし、どういう形になるかは分からないが、海外でバドミントンに携わることは許してもらいたい」

日本での活動や、国際連盟が管轄する試合には出場できませんが、海外のリーグなどは制限がないため参加が可能です。

 

世界ランク2位だった桃田賢斗も誘って闇賭博行為を行った罪は大きく、謝罪会見では桃田をかばいながら号泣していましたが、早すぎる復帰に疑問の声もあがっています。

 

田児は一時1000万円を超える借金を抱えたとされ、今でも500万円の借金が残っているとされています。

 

そんな状態で日本バドミントン協会から無期限登録抹消、所属していたNTT東日本からは解雇。復帰が早すぎるという声も分かりますが、生活していかなくちゃいけないですし、借金も返さなくてはいけません。

 

じっとしていても前に進まなくてはいけませんから、今回のような海外移籍でマレーシアへ渡る決断を下したのでしょう。

 

それだけバドミントンが好きだということも言えるでしょう。

 

日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は

「もう会員ではない。海外に行っていいか悪いか、コメントする立場にない」

と発言しています。

 

現在も田児の所属先だったNTT東日本のバドミントン部は活動停止中です。この状態の中で我先にマレーシアに渡るという事が世間からどう思われるのでしょうか。

 

桃田賢斗
出展:www.sankei.com

 

また、バドミントンへの意欲を喪失しているといわれる桃田賢斗への影響はどうなのか、桃田も現役復帰へ意欲を見せるのか、個人的には応援したいところです。

追記:

桃田賢斗選手の復帰へ向けての記事はこちらです。

桃田賢斗の今現在は?久しぶりに登場!復帰に向けて活動していた

 

スポンサーリンク

ネットでの反応は?

田児賢一がマレーシアへ移籍するという報道は賛否両論巻き起こりそうですが、実際にはどうなのかネットの声を拾ってみました。

応援の声

疑問、批判の声

移籍がマレーシアということで茶化した声

その他の声