舛添要一
出展:toeic-town.net

 

舛添要一東京都知事が記者会見で「辞任はせずに仕事を続ける」ことを表明しましたが、新たな疑惑が次々と出てきています。

 

先日はビートたけしさんが舛添都知事のことを

「権力者になりかった人」

と発言していました。

 

前回の記事

舛添都知事辞めろ!会見で辞任か?ビートたけしは見抜いていた

 

さらに元妻の片山さつき参議院議員が、舛添さんと結婚そして離婚した理由・原因を週刊誌「Flash」で暴露しています。

 

また、ビートたけしさんの発言が鋭く的を得ていることも語っています。

 

金銭疑惑だけじゃなく過去のスキャンダルまで暴露されてしまい、騒動が収束しない舛添都知事は辞任しないでいられるのでしょうか。

スポンサーリンク

次々と出てくる舛添都知事とお金の疑惑

2016年5月13日に記者会見を開いて、家族旅行を政治資金として計上していた疑い等について謝罪し、返金する旨を述べていました。

 

東京都知事は辞任せず、これまで以上にがんばって仕事をしていきたいと意思を示しています。

 

ところが直後にヤフーオークションで美術品を落札していることが判明し、ヤフオクのIDも「ymasuzoe」と舛添要一氏の個人名と推察できます。

 

ヤフオク

 

この「ymasuzoe」で落札した美術品は舛添さんの資金管理団体名で領収書を受け取っていることも分かり、美術品の中には「裸婦画」も含まれていたそうです。

 

美術品を国際交流のツールにしていると釈明していましたが、これでも押し通すつもりでしょうか。

 

しかも現在はこのID「ymasuzoe」は削除されているとのことです。今さら削除しても遅いと思いますけどね。

 

さらに2014年の東京都知事選挙の期間中に、返還しなければならない約400万円の政党交付金を持ち逃げ、つまり「ネコババ」した疑いが持たれています。

 

これはまたしても週間文春のスクープですが、他にも金銭疑惑があるそうです。

 

やっぱり一度疑惑が出てくると芋づる式に出てくるもんですね。まだまだ騒動は収束しそうにありません。

 

都知事の座を守り通すことは出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

元妻の片山さつきが結婚と離婚を暴露

片山さつき
出展:本人ツイッター

 

先日舛添都知事の記者会見を見た元妻の片山さつき参議院議員が

「セコい、小さい、哀しい」

と発言していました。元夫とはいえ情けないと思ったんでしょう。

 

その元妻の片山さつきさんですが、週刊誌「Flash」に舛添さんとの結婚・離婚について語っています。

 

 

「Flash」の該当ページの写真とともにツイッターに上記のようにつぶやいています。

 

そこには

「結婚すら売名のため他人は利用する対象」

と強烈な見出しが載っています。この見出しの直後に

「利用できる人はなんでも利用する人なんです。彼にとって他人は、利用する、あるいは寄生する対象でしかない。私との結婚も、大蔵省の女性キャリアという肩書を利用したかっただけ」

ときっぱりと語っています。さらに終盤には

「ビートたけしさんがおっしゃっていましたが、”東大(教授への道)がダメになり、タレントで名前を売って政治家となり権力欲を満たすためだけの人”。品性、品格のある政治など、この人には無理。それでも、都知事に居座るでしょうね。ここで辞めたら、もう後がないから。引き際とか考える人じゃないんですよ」

と先日の記事でも紹介したように

舛添都知事辞めろ!会見で辞任か?ビートたけしは見抜いていた

たけしさんが見抜いていたことを、片山さんもその通りと言わんばかりのコメントです。これまでの舛添さんの行動や言動を振り返ると納得してしまいます。

 

さらに「Flash」記事には離婚の原因として物を投げつけられたり等のDVを受けていたこと、愛人もいてその子供も生まれていることも書かれています。DVは過去にも暴露されていますが、より具体的な内容です。

 

片山さんのツイートにお父さんのことが出てきますが、離婚の際に間に入っていたことが書かれていますから、舛添さんの本性をお父さんも知っていたということなんでしょう。

 

この片山さんのツイートに対して

このようなコメントが数多く寄せられています。

 

しかし、中には片山さつきさんを批判するコメントもあります。

「何故27年も前の離婚のことを今になって言うのか」

「売名行為」

片山さつきさんはすでに有名な政治家なので「売名行為」と言われるのはともかくとして、今さら結婚・離婚の話を暴露するのは、昔と変わっていない舛添さんを見ていて

東京都知事を辞めさせたい

という思いが片山さんにはあるからではないでしょうか。そんな気がします。