橋本志穂
出展:www.petoffice.co.jp

 

タレントでたけし軍団ガダルカナル・タカさんの妻・橋本志穂さんがFacebookにアップした母の亡骸をめぐってネットで炎上しています。

「非常識」

「気持ち悪い」

「お金儲けのため」

 

とかブログにも否定的なコメントが書き込まれ、それについての橋本志穂さんのコメントが更なる批判の的にもなっています。

 

どんなことがあったのか、その前に橋本志穂さんのことを振り返りながら見てみましょう。

スポンサーリンク

橋本志穂のプロフィール

陸上競技の選手だった

橋本志穂さんは1967年9月15日に福岡県福岡市で生まれました。実家は「豆楽庵」という豆腐屋さんです。

 

子供の頃から陸上競技をしており、全国的にも駅伝で有名な筑紫女学園高校出身です。

 

確か橋本さんの時代はまだ女子の全国高校駅伝大会は開催されていませんでした。しかし、中学から高校にかけて全国都道府県対抗女子駅伝などに出場しています。かなりの実力者ですね。

 

大学は福岡大学の体育学部に進学し、体育教師の資格を取得しています。

 

アナウンサーで人気者に

大学生時代からNHKのキャスターを務めるなど、報道に関心を持つようになり、大学卒業後に福岡放送(FBS)に入社します。

 

橋本志穂さんが福岡で有名になったのは「OKINKA-TV(オキンカテレビ)」だと思います。

 

OKINKA-TV(オキンカテレビ)
出展:www.geocities.jp/hashimotoshiho2005

 

※昔なので画像がこれぐらいしか見つからなかったです。一緒に写っているのは堤信子アナです。

 

平日の早朝、元ラガーマンの阿刀裕嗣(あとうゆうじ)さんと橋本志穂さんがMCを務めていたんですが、その容姿、美貌で人気が出ます。私はこの番組を見て学校に行くのが日課でした。

 

当時「こんなに可愛い陸上選手がいるのか」と思いました。失礼な言い方ですみません。でも本当にそう思ってました。

 

橋本さんは福岡では誰もが知る有名な女子アナになります。

 

ガダルカナル・タカと結婚

福岡では知られたアナウンサーでしたが、その存在が全国に知られることになります。

なんとたけし軍団のガダルカナル・タカさんとの結婚が報じられました。1994年のことですね。これには驚きました。

 

橋本志穂 結婚
出展:本人公式ブログ

 

ガダルカナル・タカさんが福岡での仕事の時にMCを担当したのが橋本志穂さんで、それをきっかけに交際に発展したんだそうです。

 

結婚を機にFBSを退社し、フリーアナウンサー・タレントとして上京します。それからは全国ネットの番組で活躍している姿を見るようになりましたね。

 

福岡県民からすると、身近に感じていた橋本さんが全国ネットに出演しているのを見ると違和感もあり、不思議な感じがしました。

 

今の博多華丸大吉も同じようなもんですけどね。

スポンサーリンク

亡骸の写真をネットにアップすることで炎上

先日、橋本志穂さんが亡くなったお母様の写真をFacebookに投稿しています。

 

それまでにもお母様を看病している様子を投稿していましたが、橋本さんの怒りに火をつけるコメントが書き込まれました。

 

橋本志穂
出展:本人公式ブログ

 

これに対してニュースでは

「テメーに見せるためじゃねーんだよ!」

と橋本さんがブログ内で反論したと強調して報道しています。まるで橋本さんの反論はおかしいと言わんばかりの伝え方です。ちょっと悪意を感じます。

 

確かにブログにはそう書いてありますが、前後を読めば、ブログを通して親戚や知人に伝えたいということから写真を投稿していることが分かります。

 

それでもネット上では

「亡骸をブログに載せるなんて非常識」
「晒された母親が可愛そう」
「お金儲けに利用している」

こういう書き込みが相次いでいます。金儲けに関しては橋本さんは

「取材には一切応じていない」
「アメブロからは1円ももらってない」

ときっぱり否定しています。

 

賛否両論あることは本人も理解していますし、もっともな意見は真摯に受け止めるとも書かれています。

 

2016年5月19日のブログでは、

「炎上したくないなら書くべきではないーというご意見はごもっともです。」

としながら、

でも、私は何度炎上しようが自分のスタンスは曲げない!

と強く主張しています。

「これはさーもう、人の価値観。とやかく言うことじゃない。」
「私はこれからも自分のスタイルで自分の日記を書き続ける。」

誰がなんと言おうと関係ないという意思が表れています。

 

最後には応援コメントに勇気をもらい、励みになったと感謝の言葉も述べています。

 

この5月19日のブログは、これまでのコメントや報道についての「総まとめ」のように長文で書かれていますので、橋本さんの気持ちを知りたい人は読んでみるといいですよ。

 

それでも賛否両論あると思いますけどね。個人的には橋本志穂さんを応援します。